妊娠中のお腹や股の黒ずみの原因と対策方法

妊娠したら黒ずみがあまりに濃くなってびっくり誰にも相談できないですが、実は妊娠している女性はみんな感じていることです。
ですので焦らずに対策方法を考えていきましょう。

気長に待つことも

股に出来た黒ずみは一生続くものではなく
自然な回復を待つことも妊娠でできた黒ずみは時が経てば少しずつ改善していきます。

ですので待てばよくなると言われる方もいます。
しかしあまりに黒ずんでいて早く黒ずみを解消したいと思うとどんな対策を方法があるんでしょうか。

妊娠中に肌が黒ずむ理由

肌の黒ずみ改善方法を見て行く前になぜ股または妊娠中に黒ずみがひどくなるのかについて解説していきたいと思います。

股の黒ずみ

まずこれは他の部分の黒ずみと同じ原因なのですが、ホルモン量が急激に増えることが原因です。

ホルモン量が急に増えるというのは黄体ホルモンというホルモンが増えることでこのホルモンはメラニンの分泌を増やしてしまうと言う効果があります。
特にこのホルモンが増えるのは妊娠20週を迎える頃です。

妊娠して5ヶ月ほど経ったら黒ずみが見てわかるほど濃くなっていると感じるかもしれません。
それはこのせいです。
それだけではなくシミやそばかすなどの他の肌トラブルも同時に起きます。

妊娠線と正中線

股の黒ずみ

妊娠中の黒ずみとして妊娠線と正中線の二つはあります。
しかしこれは異なるもので写真を見ていただくとわかるのですが、へその通って真っ直ぐにのびている長い線で妊娠線というのは、それ以外の皮膚にできるお腹が急に膨らんでできる皮膚の裂け目です。

妊娠線は正中線より解消が難しく出来たらすぐに改善始めることが必要です。
しかし正中線は自然に治っていきますので、それほど気にしなくてよいでしょう。

というのはホルモン量が減少していきそれに伴っても減っていくからです。

妊娠中の黒ずみ対策方法は妊娠中の黒ずみ対策は気にしない気長に待つということが一番大切なのですが、それ以外に何かしたいということは食生活と睡眠をきちんとしましょう。
まず出産すると一日中子供におっぱいをあげないといけないので熟睡できない状態が続きます。
そうするとどうなるかというと肌のターンオーバーが乱れてしまい黒ずみが濃くなってしまいます。

股黒ずみ

妊娠中・妊娠前にやってはいけない美白方法

子供を産みたいと思ってる方がしない方が良い美白対策を紹介します。
それはハイドロキノンのクリームを使うことです。

 

ハイドロキノンは強い美白効果がある成分ですが、体に蓄積する作用がありハイドロキノンを使ったら2年間ほどは妊娠をやめた方が良いと言われているくらいです。

ですので妊娠の計画がある方はハイドロキノンを使うのはやめておきましょう。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ